これまでの展覧会の紹介

オーギュスト・ルノワール「帽子のピン留め」

特別展 版画に見る印象派
Impressionist in Prints

概要

八王子市夢美術館では「版画に見る印象派」と題し、印象派を中心とした版画の展覧会を開催します。
素早いタッチと明るい色彩で絵画の世界に革命をもたらした印象派。また、今日もっとも人気のある西洋絵画といえば印象派かもしれません。しかし、その印象派の作家たちが油彩画を描くかたわら版画も制作していたことは日本ではあまりよく知られていません。彼らが活躍した19世紀後半の特にフランスでは作家の手による自由な線と創造的な表現を見せるエッチング(腐食銅版画)の復興や新たな隆盛を迎えていたリトグラフ(石版画)など、さまざまに版画の伝統が刷新されていました。印象派の作家たちも、例えばマネは自作の油彩にもとづいたエッチングを、ルノワールは友人である画商の求めに応じて制作するなど、その多くが版画制作に手を染めてゆき、版画を油彩画と同じように重要な表現手段の一つと考えました。そこでの彼らの革新的な創造性は、版画芸術をかつてない隆盛へと導くことになります。
本展ではそうした印象派の作家たちをはじめ、バルビゾン派やナビ派などその周辺の作家たちや、本の挿絵として制作された作品など約130点の版画作品で紹介します。19世紀後半から20世紀前半におけるフランスの美しい版画の数々をどうぞお楽しみ下さい。

展覧会出品作品より


講演会「印象派の版画とイメージの自在な操作」(要申込)

2012年1/21(土)(午後2時〜3時30分)いちょうホール第2展示室にて、大森達次氏(女子美術大学名誉教授)による講演会を開催します。
詳細はこちらの「イベントアーカイブ 2011」ページからご覧いただけます。

展覧会イベント「版画に見る印象派」ギャラリートーク(申込不要)

2011年12/3(土)、12/17(土)午後3時から学芸員によるギャラリートークを開催します。詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

展覧会データ

特別展 版画に見る印象派

会期

2011/12/2(金)〜2012/1/29(日)  終了しました

開館時間

10:00〜19:00 入館は18:30まで
※電力状況により閉館時間が変更になる場合があります。

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌日が休館)
12月29日(木)〜1月3日(火)

主催

企画協力

株式会社谷口事務所

観覧料

「ご利用案内」ページの観覧料をご覧ください