これまでの展覧会の紹介

サカツ コレクション
日本のポスター芸術
明治・大正・昭和 お酒の広告グラフィティ
Sakaz Collection
Japanese Artistic Retro & Modern Poster

2015/12/5(土)〜2016/1/24(日)10:00〜19:00  終了しました
休館日 月曜日(ただし1月11日は開館し12日(火)が休館)
及び12月29日(火)から1月3日(日)
「サカツ コレクション 日本のポスター芸術」ポスター  デザイン:パピエ・コレ

開催概要

本展では明治から昭和初期にかけての、お酒に関する広告ポスターを中心に日本の近代デザインの歩みをたどります。赤玉ポートワインなどデザイン史に残る名品や、カルピス、キッコーマン醤油など、一般にもなじみ深い商品広告とあわせて85点を紹介します。

ポスターが日本に登場したのは19世紀末の明治後期と言われています。近代化と共に広まったポスターは印刷技術の革新によって、より大量印刷が可能となり、今日においてもポピュラーな広告手法のひとつとして広く普及しています。

現代より大量印刷が未発達だった明治・大正・昭和初期には、色鮮やかに刷り上げられたポスターは、単に広告としての役割だけでなく芸術品として鑑賞されていました。特に美人画ポスターは、その登場時から収集の対象となっており多くの名品が世に送り出されています。

本展覧会で紹介するポスターは明治29年創業の飲料・食品の総合商社、株式会社サカツコーポレーションによって収集されたものです。第二次世界大戦時に散逸した酒販関係の文化資料が集められ、特に中核となるポスターの数は500点以上に及び日本近代デザイン史の一面を伝えています。当時の著名な画家や図案家から無名の職人たちの手になるものまで、最先端のモダンデザイン、あるいは日本的な意匠を凝らした作例など、まさに近代日本の広告美術の粋を集めた作品の数々を是非お楽しみください。

展覧会出品作品より


ギャラリートーク「美人画ポスター鑑賞のツボ」(申込不要)  終了しました

青梅市立美術館学芸員の田島 奈都子氏を迎え、展示作品を巡りながら見どころをお話しいただきます。
日時  12月6日(日)午前11時〜12時の1時間程度を予定。
講師  田島奈都子(青梅市立美術館学芸員)

詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

展覧会データ

特別展
サカツ コレクション
日本のポスター芸術
明治・大正・昭和 お酒の広告グラフィティ

会期

2015/12/5(土)〜2016/1/24(日)

開館時間

10:00〜19:00
ただし入館は閉館の30分前まで

休館日

休館日 月曜日
ただし1月11日(月)は開館し12日(火)が休館
及び12月29日(火)から1月3日(日)

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:500円[団体料金400円]
学生(小学生以上)・65歳以上:250円[団体料金200円]
15名以上は団体料金を適用
未就学児無料  土曜日小中学生無料

主催 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団
   (八王子市指定管理者)

協力 株式会社サカツコーポレーション

企画協力 E.M.I.ネットワーク

調査協力 田島奈都子(青梅市立美術館学芸員)