• カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命
  • 誕生40周年 こえだちゃんの世界展
  • 昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ
  • 没後30年 銅版画家 清原啓子
  • 市民公募はちおうじ入選作品展
  • ムットーニワールド からくりシアターⅣ

八王子市市制100周年記念事業
没後30年
銅版画家 清原啓子
Hachioji City 100th Anniversary Memorial Event
The Etcher, KIYOHARA Keiko Retrospective

2017/11/11(土)〜 2017/12/14(木) 本日最終日
開館時間 10:00〜19:00
     入館は閉館の30分前まで
休館日  月曜日

開催概要

銅版画家、清原啓子(1955年〜1987年)が、その短い生涯の中で残した作品は僅か30点。久生十蘭や三島由紀夫などの文学に傾倒し、神秘的、耽美的な「物語性」にこだわった精緻で眩惑的な銅版画は、没後30年を経て、今なお人々を魅了しています。

本展覧会では、夭折の銅版画家として伝説的に語られる清原啓子の全銅版画と、銅板の原版及び下絵素描、最後の完成作「孤島」の制作過程を示す試刷り、制作ノートなど、未発表を含む様々な資料を展示します。また、彼女が影響を受けたヨーロッパの画家・版画家(ジャック・カロ、ギュスターヴ・モロー、ロドルフ・ブレスダン、オディロン・ルドン)の作品を紹介し、清原の制作の源泉をたどり、その全貌に迫ります。

展覧会出品作品より


学園都市センター開館20周年記念
    対談「夭折の銅版画家 清原啓子 創作の秘密」
 終了しました


河村錠一郎(一橋大学言語社会研究科名誉教授)
 × 渡辺達正(多摩美術大学絵画学科版画専攻教授)

日時
2017年11月19日(日) 午後2時〜4時  終了しました
会場
八王子市学園都市センター 第1セミナー室
八王子市旭町9-1 八王子(東急)スクエアビル12F

詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

「没後30年 銅版画家 清原啓子」ギャラリートーク 終了しました

実際の作品をご覧いただきながら当館館長が作品を解説します。

日時
2017年12月2日(土) 午後3時〜4時  終了しました
会場
八王子市夢美術館展示室(座席はございません)

詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

作品集「銅版画家 清原啓子作品集 増補新版」

本書は清原の30点の銅版画と、素描、未完成作品をまとめて2014年に刊行された作品集に、新たに発見された素描や詳細な年譜、銅版画の制作工程を記したノートなどを加え、より資料を充実させた増補新版(40頁増)。銅版画30点、素描19点、スケッチや未完成作18点掲載のほか、詩篇、解説、年譜、文献、蔵書リストを収録。


監修:八王子市夢美術館   発行:阿部出版 価格:3,780円(税込)

※郵送での販売は終了いたしました。

八王子市夢美術館 交通案内はこちらをクリック TEL/042-621-6777 FAX/042-621-6776 〒192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F

トピックス

2017/12/14  UPDATE
本日最終日!!

「没後30年 銅版画家 清原啓子」展は本日で終了です。午後7時まで開館(入場は午後6時30分まで)

インフォメーション

展覧会データ

特別展
没後30年 銅版画家 清原啓子

会期

2017/11/11(土)〜2017/12/14(木)

開館時間

10:00〜19:00
入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:600円
学生(小学生以上)・65歳以上:300円
15名以上は団体割引料金(2割引)を適用
未就学児無料 土曜日は小・中学生無料

主催

協力

多摩美術大学版画研究室

企画協力

アートプランニングレイ

プロフィール

清原 啓子(きよはら けいこ)

1955年10月に 東京都八王子市に生まれる。1976年、 多摩美術大学絵画科に入学。 1978年より 銅版画を深沢幸男、渡辺達正に学ぶ。 1980年、 日本版画協会展入選。 1981年 多摩美術大学大学院中退。 1982年に日本版画協会賞を受賞し、翌年、 番町画廊(東京、銀座)で初個展開催。特異な幻想性と緻密な技法で将来を嘱望されたが、 1987年7月、僅か30点の作品を残して心不全で亡くなる。 31歳だった。