これまでの展覧会の紹介

大河原邦男のメカデザイン ガンダム、ボトムズ、ダグラム
Mechanical Designs of OKAWARA Kunio Gundam, Votoms, Dougram

概要

日本アニメにおけるメカデザインの草分け、大河原邦男の初の大規模展覧会。『機動戦士ガンダム』『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『ヤッターマン』をはじめ、氏の代表的なメカデザインの原画や設定資料を中心に紹介します。あわせて1/1スケールの立体物も参考展示し、大河原邦男のリアルなメカデザインの魅力を体感できる内容です。

展覧会作品


ご紹介

八王子市夢美術館ではこの夏、『機動戦士ガンダム』、『装甲騎兵ボトムズ』などのメカデザインで知られる大河原邦男の展覧会を開催します。
1960年代に誕生した日本の連続TVアニメはその後急速な発展を遂げ、今日では海外からも高い評価を得て日本の代表的なメディア芸術産業の一つとなっています。その半世紀近くの歴史の中で特に1970年代は『マジンガーZ』『ゲッターロボ』などいわゆるスーパーロボットアニメの一大ブームが起こり、TVアニメの重要な発展期だったといえます。そうした時代に呼応するかのように“メカデザイン”も新たな部門として独立します。そして、その中心にいた人物が1972年『科学忍者隊ガッチャマン』の敵メカのデザインを担当し高い評価を得た大河原邦男です。
大河原のメカデザイナーとしての出世作はやはり『機動戦士ガンダム』における数々のメカデザインといえます。これまでにはなかったモビルスーツと呼ばれるリアルなロボットの設定は、リアルロボットアニメブームを巻き起こし、その作品の人気とともに登場したメカのプラモデル「ガンプラ」は社会現象にもなりました。それまで「子ども向け」とされていたアニメーションを大人も魅了するレベルにまで引き上げたこのリアルなメカデザインは、現在でも多くのクリエーターに大きな影響を与えています。また、同時代に手掛けた『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』では細部へのリアルなこだわりのみならず、1/1スケールを強く意識したメカデザインがなされます。これは映像の中だけでなく実際の玩具になった際も変わらないデザインでありたいとの考えが根底にあり、その後の大河原のメカデザインに対する基本的な創作姿勢を示すものといえるでしょう。こうした取り組みから、大河原は次第にメカデザインの第一人者として認知されていくのです。その一方で、『タイムボカンシリーズ』『ヤッターマン』などに代表されるデフォルメされたギャグメカを多く手掛けてきた点も見逃せません。リアルな要素を取り入れながらも、やはり思わず笑わずにはいられない自由奔放なメカの印象は、ガンダムなどのメカデザインとは異なった視点から生み出されたものといえます。その他にも『勇者シリーズ』などのスーパーロボットアニメ、玩具やゲームなど幅広い分野のメカデザインを手掛ける創作姿勢は、他のメカデザイナーには見られない大河原ならではの特筆すべき点といえるでしょう。
本展覧会では、そうした創作の歴史を『機動戦士ガンダム』『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『ヤッターマン』をはじめとする代表的なメカデザインの原画や設定資料を通じて紹介。あわせて1/1スケールの立体物も参考展示するなど、リアルなメカデザインの魅力も体感できる内容で開催する大河原邦男の初の大規模展覧会です。

イベント 大河原邦男サイン会

7月18日(土)14:00より大河原邦男サイン会を行います。(先着150名)
詳細はイベントページをご覧ください。

イベント 大河原邦男対談講演会

8月22日(土)14:00より、いちょうホール小ホールで大河原邦男対談講演会が開催されます。( 要事前申込 )
出演者: 大河原邦男、出渕裕(予定)
詳細はイベントページをご覧ください。

展覧会データ

大河原邦男のメカデザイン 
ガンダム、ボトムズ、ダグラム

会期

2009/07/17(金)〜2009/09/06(日)  終了しました
会期中は休まず開館

開館

10:00〜19:00 入館は18:30まで
(ただし8/8、8/9は午後9時まで開館 入館は20:30まで)

主催

財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団

企画協力

株式会社アドシステム

協力

泉博道、株式会社角川書店「月刊ガンダムエース」編集部、株式会社サンライズ、篠山紀信、株式会社創通、株式会社竜の子プロダクション、株式会社バンダイ(五十音順)

観覧料

プロフィール

作者 大河原 邦男(おおかわら くにお)

1947年東京都稲城市生まれ。日本アニメにおけるメカデザイナーの草分けとしてその名を知られる。東京造形大学グラフィック・デザイン科に入学、後にテキスタル・デザイン科に移り卒業。オンワード樫山、子供服メーカー「おとぎの国」で商品企画を経験後、1972年竜の子プロダクションに入社。配属された美術部で背景を描いていたが、『科学忍者隊ガッチャマン』から、敵メカなどを担当し、高い評価を得て以後はメカデザイン専門となる。『破裏拳ポリマー』『宇宙の騎士テッカマン』を担当した後、竜の子プロダクションを退社し、上司だった中村光毅と「デザインオフィス・メカマン」を設立。『タイムボカンシリーズ』を経て、1978年に独立してフリーとなる。『無敵鋼人ダイターン3』からサンライズ作品を手掛けるようになり、リアルロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』ではメカデザインを担当、作品の人気とともに登場したメカのプラモデルは大ブームとなった。その後は『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』などのリアルロボットアニメから『勇者シリーズ』などのスーパーロボットアニメ、『ヤッターマン』などのギャグアニメ、玩具やゲームなど幅広い分野のメカデザインを手掛け、メカデザインの第一人者として現在も活躍している。
大河原邦男公式ホームページ

出渕 裕(いずぶち ゆたか)

1958年東京都生まれ。漫画家、イラストレーター、アニメーターなど幅広い分野で活躍するクリエーターとして知られる。横須賀学院高校卒業後、長浜忠男の紹介で1979年『闘将ダイモス』の敵メカデザインを担当しメカデザイナーとしての活動を開始。サンライズ作品等でゲストメカを中心に担当し『戦闘メカザブングル』『機甲界ガリアン』では大河原邦男とともにメカデザインに参加する。また、1980年代は漫画製作、小説の挿絵など漫画家兼イラストレーターとしての活動も始める。その後、ガンダムシリーズや『機動警察パトレイバー』、スーパー戦隊シリーズなどの多くの作品でメカデザインを手掛け、2002年、TVアニメ『ラーゼフォン』で初監督を務める。近年ではアニメや特撮などの空想世界のみならず、川田工業株式会社が開発した実際の二足歩行ロボット、HRP-2「Promet(プロメテ)」の外観デザインも担当して話題となった。