これまでの展覧会の紹介

「サーカスパレード」(アメリカ) ラッセル・スノー

世界のアートな玩具たち
Artistic Toys in the World

概要

春日明夫氏(芸術学博士・東京造形大学教授)が長年にわたり蒐集してきた木を中心とする玩具コレクション約5000点の中から色、動き、形、材質、デザイン性などのアートな視点から捉えたヨーロッパ、アメリカ、日本など世界30カ国以上の玩具を約400点選び紹介します。また、実際に玩具で遊べるプレイスペースを東京造形大学春日ゼミナールの協力を得て会場内に設置、鑑賞だけでなく体験型展覧会としても構成します。さらに、ギャラリートークの開催や大学の協力を得てワークショップを実施、八王子市立浅川小学校へ出前授業も行うなど多彩な関連事業も充実させ、玩具の持つアートな魅力を再発見する試みです。

展覧会作品


ご紹介

八王子市夢美術館では特別展「世界のアートな玩具たち」を開催します。

この展覧会は春日明夫氏(芸術学博士・東京造形大学教授)が長年にわたり蒐集してきた木を中心とする玩具コレクション約5000点の中からアーティスティックな視点で捉えたヨーロッパ、アメリカ、日本など世界30カ国以上の玩具約400点を選び紹介します。

これまで玩具の展覧会といえば知育や教育性、また主に懐かしさをテーマにした展覧会等が美術館、博物館で数多く開催されてきました。しかし、本展では玩具そのものが持つ造形性に注目し、“玩具の中にアーティスティックな面を見出す”というこれまでほとんど着目されてこなかった視点で紹介します。美しい色や形などのデザイン性、材質や手作り感、楽しい仕掛けや動く仕組み、ユーモアや物語性など幅広い意味で玩具を“アーティスティック”に捉えながら「玩具はその国の文化の入り口」をキーワードにその国特有の造形性や文化など、伝統や民族性にも触れた展示内容とします。あわせて東京造形大学春日ゼミナールの協力を得て実際に玩具で遊ぶプレイスペースを会場内に設置し、鑑賞だけでなく楽しみながら体験できる展覧会としても構成します。さらに、本展への理解をより深めるためギャラリートークの開催や東京造形大学と協力したワークショップを実施、八王子市立浅川小学校へ出前授業を行うなど関連事業も充実させ、玩具の持つアートな魅力を再発見する試みです。

近年は遊びの環境も変わり、子供たちはインターネットやゲームなどバーチャルな遊びに親しんでいます。本展では鑑賞・体験の主役である子供たちに、今一度これらの木を中心とした玩具へ触れてもらい、玩具で遊ぶことのリアルさや玩具の中にあるアートな要素を感じとることでアートの入り口を見つけてもらえればと願っています。

プレイスペースについて

今回、展示室内に設置するプレイスペースは大学共催事業の一つとして実施されます。市内大学である東京造形大学とは当館の開館以来、近隣の西放射線ユーロードにて学生がデザインしたフラッグを掲出する「東京造形大学フラッグギャラリープロジェクト」で連携していましたが、本年は「東京造形大学春日ゼミナールキッズサイズデザインプロジェクト」と題し、大学にプレイスペースの企画立案、制作、運営までを依頼し、春日ゼミナールが授業の一環としてプロジェクトに取り組みました。また、会期中に実施するワークショップもプロジェクトの一部として実施されます。

ギャラリートーク

実際の展示品をご覧頂きながら解説します。(座席はありません)

「おもちゃ博士とバランス・トイをつくろう!」ワークショップ

東京造形大学春日ゼミナールの協力を得て「やじろべえ」や「振り子」「モビール」などバランスを使った玩具「バランス・トイ」をつくります。(要申込)
日時:2009/11/28(土) 13:30〜16:00

「おもちゃ劇場プロジェクト」(出前授業・一般非公開)

本展覧会の監修者である春日明夫氏を講師に迎え、八王子市立浅川小学校にて出前授業(アウトリーチ)を実施します。美術館での鑑賞授業などをはじめ、実際におもちゃや人形などのトイ・オブジェをつくり、さらにストーリーをつけて発表します。

展覧会データ

世界のアートな玩具たち

会期

2009/11/21(土)〜2010/01/11(月・祝)

開館

10:00〜19:00 入館は18:30まで

休館日

毎週月曜日 、年末年始(12/29〜1/3)
但し11/23(月・祝)は開館、11/24(火)は振替休館

主催

財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団

共催

東京造形大学

監修

春日明夫(芸術学博士・東京造形大学教授)

特別協力

東京造形大学春日ゼミナール

助成

財団法人 花王芸術・科学財団

協賛

ゆーといぴあ

後援

八王子市教育委員会、朝日新聞立川支局、産経新聞社多摩支局、東京新聞、毎日新聞社多摩総局、読売新聞東京本社、日本人形玩具学会、全国造形教育連盟、東京都図画工作研究会、東京都中学校美術教育研究会、造形教育センター、日本文教出版株式会社

観覧料

「ご利用案内」ページの観覧料をご覧ください