これまでの展覧会の紹介

戦後日本住宅伝説 ― 挑発する家・内省する家
Legendary Houses in Postwar Japan
―Provocative/Introspective

2015/6/14(日)〜2015/7/20(月・祝)10:00〜19:00  終了しました
休館日 月曜日 ただし7月20日(月・祝)は開館
戦後日本住宅伝説 挑発する家・内省する家
 

開催概要

八王子市夢美術館では戦後日本を代表する建築家が設計した住宅作品の展覧会を開催します。
戦後の日本ほど個人住宅という分野を発達させた国は他にありません。特に1950年代から70年代までの個人住宅には傑作といわれる作品が数多く存在し、それらは今日の建築家にも大きな影響をあたえています。本展は、そうした時代に手がけられたいわば伝説となったといえる16の住宅作品について、16人の建築家のコンセプトとともに紹介するものです。多くの国家的なプロジェクトを手がけた丹下健三が設計した1953年竣工の「住居」からはじまり、1976年に竣工した伊東豊雄の「中野本町の家」と安藤忠雄の「住吉の長屋」まで、ここでとり上げる16の住宅作品の様相は実に様々です。伝統の中にそのヒントを得たもの、住宅にしかできないことを追求したもの、思索の場として住宅を考えたもの、都市とのかかわりの中で住宅を捉え表現したものなど、16の住宅作品は多様な課題に向き合い「住」について提起しています。戦後日本の住環境は、少ない建設費、極小や不整形な敷地、あるいは「うさぎ小屋」や「うなぎの寝床」といった言葉に代表されるように必ずしも恵まれた条件下にあったとはいえませんが、こうした限られた条件を積極的に読み替え、珠玉の空間を生み出した若き日の建築家の作品もここには含まれています。世界的に見ても特異な環境から発展を遂げた戦後日本の住宅。その中でも最も熱い視線が注がれた時代の16の住宅作品を同時に眺めてみることは、現代に住む我々に新たな「住」の視点を見出す機会を提供してくれるはずです。

展覧会出品作品より


戦後日本住宅伝説 五十嵐太郎ギャラリートーク  終了しました

美術館閉館後に本展監修者とともに展示会場内をめぐります。
講師  五十嵐太郎(本展監修者、東北大学教授)
日時  7月4日(土)午後7時30分〜午後9時  終了しました

詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

戦後日本住宅伝説 住宅見学会  終了しました

本展の住宅作品、水無瀬の町家(八王子市)と原邸(町田市)を実際に見学します。
会場・日時 ①水無瀬の町家/6月21日(日)午後1時〜2時30分  終了しました
      ②水無瀬の町家/6月21日(日)午後3時〜4時30分   終了しました
      ③原邸/7月11日(土)午後2時〜3時  終了しました


詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

展覧会データ

特別展 戦後日本住宅伝説
―挑発する家・内省する家

会期

2015/6/14(日)〜2015/7/20(月・祝)

開館時間

10:00〜19:00 入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日 ただし7月20日(月・祝)は開館

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:500円[団体料金400円]
学生(小学生以上)・65歳以上:250円[団体料金200円]
15名以上は団体料金を適用
未就学児無料 土曜日は小中学生無料 

主催 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団
   読売新聞社、美術館連絡協議会

監修 五十嵐太郎(東北大学教授)

協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、
   損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

展示内容

戦後の日本を代表する建築家、丹下健三、増沢洵、清家清、磯崎新、菊竹清訓、東孝光、篠原一男、坂本一成、白井晟一、宮脇檀、毛綱毅曠、黒川紀章、原広司、石山修武、伊東豊雄、安藤忠雄の今や伝説となった16の住宅作品を住宅模型、建築写真タペストリーやパネル、図面、映像などで紹介します。

出品作品

丹下健三「住居」1953年/増沢洵「コアのあるH氏の住まい」1953年/清家清「私の家」1954年/磯崎新「新宿ホワイトハウス」1957年/菊竹清訓「スカイハウス」1958年/東孝光「塔の家」1966年/篠原一男「白の家」1966年/坂本一成「水無瀬の町家」1970年/白井晟一「虚白庵」1970年/宮脇檀「松川ボックス」1971・1978年/毛綱毅曠「反住器」1972年/黒川紀章「中銀カプセルタワービル」1972年/原広司「原邸」1974年/石山修武「幻庵」1975年/伊東豊雄「中野本町の家」1976年/安藤忠雄「住吉の長屋」1976年